あふらとふらなブログ

なんだりかんだり雑記帳として書いてます。地元仙台のフィギュアスケーター❁羽生結弦選手を2010年から絶賛応援中!!。"平昌で連覇を" ☆Go! Yuzuru☆

フィギュアスケートは北京以降どんな採点方式になるんだろうか?・・・

こちらの記事

 

スポーツとしてみると面白くないし・・・と思ってます。 

まぁフィギュアは「芸術的」要素というものがあるからややこしいのですが。

 

昔の採点時代から観ているライトなファンとしては、今、この時代が一般の人と同じくとてつもなく面白く・・反面「ありゃー」と思うところも有ります。

昔は図形を描いてポイントをえられたわけですが(これは基本なので大事ですから必要ですけどこれはあくまでも練習で・・・表にでてくるのは練習の成果であればいいわけですから、私的には嫌いでしたねぇ~伊藤みどりさんも苦手だったはず)。

 

羽生生君ファンなので例をあげますが、この間のワールド、SP5位からの大逆転でフリーの世界新記録を出して優勝したわけですが、こういう醍醐味がうすれますよね。今は、1本の4回転の成功が順位をかなり左右してしまうので、それに比べてPCSは10点が満点、5点ぐらいしか開きがないわけですよね。

なんか残念!!

でも、ジャンプ得意でなくても滑りはかなりいけてる人もいるから、偏らない方がいいとは思ってます。

 

ちょっと考えてみたのだが(時間があるんですよ)

「技術」と「芸術」にわけるとなると

興行的に・・・どちらを先にして総合チャンピオンを決めるのか?

それとも総合は無しで「技術」の1位、「芸術」の1位になるのか?

こう書いてみると「芸術」につけるランクなんてあるの?と・・・普通に思ってしまう。

人それぞれ趣味趣向が違うのに 。

難しいわーかなり。

 

こんなのはどうだろう?

「芸術」の部門はみんな同じ曲にして(課題曲)ジャンプもスピンもステップも同じものを入れて振付だけは自由。

そうすると違いが素人でもわかりやすいのでは・・・。

 

「技術」の部門はジャンプ何回とかは決めるが、他は今までのフリーのようにして、好きなのを跳ぶ。もちろん曲も、振り付けも各自自由に。

 

なーんて考えました~(^_^;)。

まあ、その時にフィギュアスケート観てるかどうかは私自身わかりませんがね。 

素人おばさんの独り言でした~~(^o^)。

 

f:id:miyusax45:20170327141803j:plain 相談中かな(笑)

 

自分用 

 

書いた日から日数たっての独り言^^;

やっぱり「技術」の先に「芸術」があるのだから分けるというのはおかしい。

技術がなかったら芸術もなにもないのでは???と思う次第。